パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AMD、2011年第4四半期&通期決算を発表

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120125_507157.html

米AMDは24日(現地時間)、2011年第4四半期および通期決算を発表した。

第4四半期の売上高は16億9,000万ドル、営業利益は7,100万ドル、純損失は1億7,700万ドル、1株あたり損失は0.24ドル
通年では売上高65億7,000万ドル、営業利益3億6,800万ドル、純利益4億9,100万ドル、1株当たり利益0.66ドルとなった。

2010年第4四半期の売上高は16億5,000万ドル、営業利益は4億1,300万ドル、純利益は3億7,500万ドル
通期の売上高は64億9,000万ドル、営業利益は8億4,800万ドル、純利益は4億7,100万ドル。
2011年第4四半期で損失を出しているのは、GLOBALFOUNDRIESに対する投資2億900万ドル、リストラ費用9,800万ドルなどを計上しているためで、
通年の比較では売上高、純利益ともほぼ横ばいだった。

CPUを取り扱うComputing Solutions部門は、CPUの平均単価に変化はなかったが、モバイルプロセッサの好調が牽引し、売上高が前年比で7%伸びた。
一方、GPUを取り扱うGraphics部門は、単価こそ上がったものの、デスクトップ向けが伸び悩み、前年比で10%落ち込んだ。



[ 2012/01/25 15:56 ] AMD その他 | TB(1) | CM(0)

Fusion APU初のファンレスキットが年内登場

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20111217/etc_ilong.html

AMDの組み込み向けFusion APU「G-T40N」を搭載した、
初のファンレス自作キット「MP-8050」が27日(火)に発売予定だ。
予告ショップはオリオスペックで、予価は44,800円。メーカーは中国Ilong。

●TDP 9WのFusionを搭載したファンレスキット
この製品は、Radeon HD 6290を内蔵した組み込み向けFusion「G-T40N」
(クロック1GHz/TDP 9W/2次キャッシュ1MB)を採用したファンレスPC自作キット。
CPUとメモリ(2GB)は実装済みで、HDDは2.5インチベイ×1を装備。
出力コネクタとしてはHDMI、VGA、Gigabit Ethernet、eSATA、USB 2.0といったインターフェイスを備える。

消費電力は「アイドル時の実測で7~10W程度だった」(ショップ)とのこと。

ちなみに、これらのスペックは9月に発売されたファン付きモデル、「EB-8050」とおおむね同等。
Windows上でのクロック表示がなぜか「1.33GHz」になっているのも変りない。
パフォーマンスもEB-8050と同様で、WindowsエクスペリエンスインデックスもCPUが低く、グラフィックスが高い独特の傾向。
ショップでは「スペック的には、Blu-rayも再生できると思う」と説明している。


本当に小さいPCが出来そうですねぇ・・・こういうの1台欲しいです。
組み込み用のGシリーズでクロックが1GHzと低いので、やや動作は重いかもですが
BDが見れるかもとのことなので、本当にスムーズに見れたら凄いですね
[ 2011/12/16 19:30 ] AMD その他 | TB(0) | CM(0)

AMD GMのリック・バーグマン氏が退社

スレ立てしても伸びなさそうだけど気になる記事を
ちょこちょこブログで取り上げたいと思います

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110926_479682.html
http://www.4gamer.net/games/017/G001762/20110923002/

上の記事の通り、旧ATIのリック・バーグマン氏が退社することになったそうです。

Bergman氏は,AMDによる旧ATI Technologies(以下,ATI)買収後,
ATIのボスだったDavid E. Orton(デイブ・オートン)氏退職の後を受けて,2007年夏にGPU部門のトップへ就任。
“対NVIDIA戦争”で活躍したATI Radeon HD 4800シリーズを送り出すなど,多くの実績を残した。
その後,GPUだけでなくCPUも見るProdutcs Groupのトップへ就任していたのだが,
Bulldozer世代の立ち上がりを見る前に,旧ATIの主要なメンバーがまた一人,AMDを去ることになったわけだ。

なお,リリースには,Read氏による「AMDに対する長年の貢献に感謝したい。将来に幸多からんことを」
という送辞があるので,文面を見る限り,円満退社のような雰囲気だ。
ただ,製品部門のトップとして,Bulldozerコアの遅れなどの責任を取った(取らされた?)可能性もゼロではなく,
このあたりは何とも言えないところである


と記事では書いてあり、GPU躍進の立役者と言ったところでしょうか

また、同日付けで新たに法人事業部門を新設し、
担当副社長兼ジェネラルマネージャとしてポール・ストルセーカー氏を招聘したことを発表した。
同氏は、Comcastの上級副社長、Motorolaの副社長などを歴任した人物。
同事業部では、サーバーおよびHPC、組み込み製品などを受け持つ。


法人事業部門を新設したとのことなので、サーバー向けのシェアを何とか上げたいんでしょうかね。
詳細は分からないので何とも言えないんですが、新CEOの件も含めて
今後はシェア拡大に力を入れると言ったところでしょうか。
[ 2011/09/26 22:14 ] AMD その他 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。