パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LGA1366/1156/1155のCPUが来年でディスコン

http://skyline798.blog118.fc2.com/blog-entry-3356.html

2012年に、LGA1366/1156/1155のCPUが多数EOLとなるようです。
Ivy Bridgeのローンチと需要の低下が理由とのこと。
なお、EOLとなるCPUは下記の通り。

Pentium G6950, G6960, G620, G620T , G840
Core i3-540 , i3-2100T
Core i5-650, i5-660, i5-670, i5-680 , i5-2300
Core i7-860, i7-870, i7-930, i7-950, i7-960, i7-980 , i7-990X

EOLは6月29日、最終出荷は12月7日となっています。
また、i7-860、i3-540、おとびPentium G6950については、
組み込み向けプロセッサとして供給されるようです


Sandy、Sandy-Eがすでに出てますし、Ivyも出てくるのでディスコンにもなりますね。
初代Core iもぼちぼち移行時期でしょうかね。
[ 2011/12/11 12:12 ] Intel CPU | TB(0) | CM(1)

IvyBridgeが4コアな理由を更に考察してみる

IvyBridgeが4コアな理由

IvyBridgeが4コアな理由について考察されています

一つには、現行のSandyBridge-Eが6コアとなっているため、IvyBridgeで6コアを出してしまうと、
SandyBridge vs Nehalemや、Bloomfield vs Lynnfiedの状況を再現してしまうという説明がされています
高価なSandyBridge-Eが売れなくなるというマーケティング上の理由ですね

もう一つにはCPUにGPU等の機能が統合されてきているため、CPU以外の部分にダイを割くためとのこと
また、実用的な面でも、コンシュマー向けアプリだと
まだ6コアが生かせるアプリが少ないということも挙げられていますね


他に記載されていた点としてダイサイズを約25%減らして
162平方mmになるのではないかと言われてますね
また、AMDのBulldozerでは本当の勝負にはならない為、TDPを削減したことは間違ってないとも。

[ 2011/12/06 11:59 ] Intel CPU | TB(0) | CM(0)

Intelの新CPU Ivybridgeのラインナップ&スペックが判明?!

デスクトップ向けIvyBridgeのラインナップとスペック

☆IvyBridge
・Core i7 3770K (4C/8T/3.5GHz・650MHz/TB時3.9GHz・1150MHz/L3 8MB/77W/HD 4000)
・Core i7 3770  (4C/8T/3.4GHz・650MHz/TB時3.9GHz・1150MHz/L3 8MB/77W/HD 4000)
・Core i5 3570K (4C/4T/3.4GHz・650MHz/TB時3.8GHz・1150MHz/L3 6MB/77W/HD 4000)
・Core i5 3570  (4C/4T/3.4GHz・650MHz/TB時3.8GHz・1150MHz/L3 6MB/77W/HD 2500)
・Core i5 3550  (4C/4T/3.3GHz・650MHz/TB時3.7GHz・1150MHz/L3 6MB/77W/HD 2500)
・Core i5 3470  (4C/4T/3.2GHz・650MHz/TB時3.6GHz・1100MHz/L3 6MB/77W/HD 2500)
・Core i5 3450  (4C/4T/3.1GHz・650MHz/TB時3.5GHz・1100MHz/L3 6MB/77W/HD 2500)
・Core i5 3330  (4C/4T/3.40GHz・650MHz/TB時3.2GHz・1050MHz/L3 6MB/77W/HD 2500)

・Core i7 3770S (4C/8T/3.1GHz・650MHz/TB時3.9GHz・1150MHz/L3 8MB/65W/HD 2500)
・Core i5 3570S (4C/4T/3.1GHz・650MHz/TB時3.8GHz・1150MHz/L3 6MB/65W/HD 2500)
・Core i5 3550S (4C/4T/3.0GHz・650MHz/TB時3.7GHz・1150MHz/L3 6MB/65W/HD 2500)
・Core i5 3475S (4C/4T/2.9GHz・650MHz/TB時3.6GHz・1100MHz/L3 6MB/65W/HD 4000)
・Core i5 3470S (4C/4T/2.9GHz・650MHz/TB時3.6GHz・1100MHz/L3 6MB/65W/HD 2500)
・Core i5 3450S (4C/4T/2.8GHz・650MHz/TB時3.5GHz・1100MHz/L3 6MB/65W/HD 2500)
・Core i5 3330S (4C/4T/2.7GHz・650MHz/TB時3.2GH・1050MHz/L3 6MB/65W/HD 2500)

・Core i7 3770T (4C/8T/2.5GHz・650MHz/TB時3.7GHz・1150MHz/L3 8MB/45W/HD 2500)
・Core i5 3570T (4C/4T/2.3GHz・650MHz/TB時3.3GHz・1150MHz/L3 6MB/45W/HD 2500)
・Core i5 3470T (2C/4T/2.9GHz・650MHz/TB時3.6GHz・1100MHz/L3 3MB/35W/HD 2500)

基本的には既存ラインナップの上位モデルが追加される形となり、クロック的にもほぼ維持されますね
言われていた通り、TDPが下げられており4コアの通常版で77Wとなります
Core i7とi5でL3容量に差がつけられており、この点も気になるところですね

GPUに関してはCore i7シリーズとi5 3570K/3475SがHD 4000、他はHD 2500となるとのこと
GPUクロックはデフォルトで650MHz、TB時で1050~1150MHzとなるとのこと
メモリはDDR3-1600まで対応し、AESやVT-d、Trusted Executionに対応するとのこと



i7 2600K:3.40G(TB 3.80G)、4C/8T、L3 8MB、GPU(HD Graphics 200)850MHz(TB 1350MHz)、TDP 95W
ってのがSandy(2600K)のスペックです
比較すると、GPUの更新によってGPUクロックの低下したこととTDPの低下ぐらいですかね
クロックを引き上げずにTDPを下げてきたという印象です。
IPCがどの程度向上するか分かりませんが、今回はTick+ですので
CPU性能の劇的な向上は無いと見ていいと思います。
省電力とGPU強化が主な特徴というか、アピールポイントになるんでしょうねー
[ 2011/11/28 14:42 ] Intel CPU | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。