パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この冬に買う最適のSSDは?!

http://www.tomshardware.com/reviews/best-price-ssd,3070.html
元は11月なので少し古いネタですが、面白そうなので取り上げてみます
ちなみにドル表記のままにしてます。ランダムとかは表記してなかったので、そのままにしてあります



●50ドル以下
Kingston SSD S100 16GB
シーケンシャルリード 230MB/s
シーケンシャルライト 75MB/s
消費電力(アクティブ) 2.26W
消費電力(アイドル) 1.08W
本来は工業用(組み込み用)として作られているので
パフォーマンス志向ではないものの、古いPCなどにはいい選択肢だろう。
難点は容量が少ない為、OSを入れるだけでギリギリ

●70ドル以下
OCZ Vertex Plus 60GB
シーケンシャルリード 185MB/s
シーケンシャルライト 90MB/s
消費電力(アクティブ) 1.5W
消費電力(アイドル) 0.5W
Indilinx Barefoot搭載のSSDでHDDよりは高いパフォーマンスだが
SSDの中では性能は低い方である
SandForce搭載のPatriot Torqx 2 32GBという選択肢もあるが、
同社は、シーケンシャルライト性能を誇張していることを指摘します

●90ドル以下
OCZ Agility3 60GB
シーケンシャルリード 525MB/s
シーケンシャルライト 475MB/s
消費電力(アクティブ) 2.7W
消費電力(アイドル) 1.5W
100ドル以下の選択肢は、60GB 初代SandForce製コントローラのSSD、Intel SSD320 40GB
そして、このOCZ Agility3に限られるでしょう
SATA 3Gb/sを活用する目的でここではOCZ Agility3を勧めます

●115ドル以下
Crucial m4 64GB
シーケンシャルリード 415MB/s
シーケンシャルライト 95MB/s
消費電力(アクティブ) 0.15W
消費電力(アイドル) 0.065W
SATA 3Gb/sでもパフォーマンスが発揮されるのが良い

●150ドル以下
Corsair Force3 90GB
シーケンシャルリード 550MB/s
シーケンシャルライト 500MB/s
消費電力(アクティブ) 3.6W
消費電力(アイドル) 0.05W
90GBの第二世代SandForceのSSDは10月ぐらいから値下がりしており
Corsair Force3は優れた選択肢と言えるでしょう

●180ドル以下
OCZ Agility3 120GB
シーケンシャルリード 525MB/s
シーケンシャルライト 500MB/s
消費電力(アクティブ) 2.0W
消費電力(アイドル) 0.5W
120GBの第二世代SandForceのSSDではお勧め
同価格帯の第一世代SandForceのSSDと間違えないように

●205ドル以下
A-DATA S511 120GB
シーケンシャルリード 550MB/s
シーケンシャルライト 510MB/s
消費電力(アクティブ) 3.62W
消費電力(アイドル) 0.66W

Crucial m4 128GB
シーケンシャルリード 415MB/s
シーケンシャルライト 175MB/s
消費電力(アクティブ) 0.15W
消費電力(アイドル) 0.085W
どっちいい性能なのでお好みで

●220ドル以下
Mushkin Chronos Deluxeを勧めてるんですが、取り扱いしてるとこがなさそうなので、
同じぐらい評価されてるのを記載
Patriot Wildfire 120GB
シーケンシャルリード 555MB/s
シーケンシャルライト 520MB/s
Mushkin Chronos DeluxeとPatriot Wildfireはこれまでテストした120GB SSDの中で最速の2つです

●275ドル以下
Intel SSD 320 160GB
シーケンシャルリード 275MB/s
シーケンシャルライト 165MB/s
消費電力(アクティブ) 0.15W
消費電力(アイドル) 0.1W
我々はインテルのSSDは最も信頼できると信じて続けている。

●330ドル以下
Corsair Force3 240GB
シーケンシャルリード 550MB/s
シーケンシャルライト 520MB/s
消費電力(アクティブ) 2.0W
消費電力(アイドル) 0.5W
1GB辺りの単価が安くなったのでお勧め

●375ドル以下
Crucial m4 256GB
OCZ Agility3 240GB
どちらも大容量ですが、わずかに1GB辺りの単価が安いCrucial m4の方がいいかも



こうやって見るとCrucial m4、OCZ Agility3、Corsair Force3が多いですね
どれも60GBで8000円前後。120GBで12000円~15000円となかなか安いんじゃないかと思います
CrystalDiskMarkの0Fillモードで差が出たりはしますが、
ぶっちゃけどれを買っても十分に早い気がします
HDDの価格は安定してきましたが、これを機にシステムドライブをSSDにしようって方も多いと思いますので
最近のSSDはこんな感じですよって紹介になれば幸いです

ちなみに自分のPCは2年前に安価で頼んだものなのでHDDのみだったりします
次はAMD Aシリーズ(Trinityとか)とCrucialのSSDとかにしたいですね。
関連記事
[ 2011/12/30 00:28 ] PCパーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/101-0477a9f8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。