パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AMD、2011年第4四半期&通期決算を発表

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120125_507157.html

米AMDは24日(現地時間)、2011年第4四半期および通期決算を発表した。

第4四半期の売上高は16億9,000万ドル、営業利益は7,100万ドル、純損失は1億7,700万ドル、1株あたり損失は0.24ドル
通年では売上高65億7,000万ドル、営業利益3億6,800万ドル、純利益4億9,100万ドル、1株当たり利益0.66ドルとなった。

2010年第4四半期の売上高は16億5,000万ドル、営業利益は4億1,300万ドル、純利益は3億7,500万ドル
通期の売上高は64億9,000万ドル、営業利益は8億4,800万ドル、純利益は4億7,100万ドル。
2011年第4四半期で損失を出しているのは、GLOBALFOUNDRIESに対する投資2億900万ドル、リストラ費用9,800万ドルなどを計上しているためで、
通年の比較では売上高、純利益ともほぼ横ばいだった。

CPUを取り扱うComputing Solutions部門は、CPUの平均単価に変化はなかったが、モバイルプロセッサの好調が牽引し、売上高が前年比で7%伸びた。
一方、GPUを取り扱うGraphics部門は、単価こそ上がったものの、デスクトップ向けが伸び悩み、前年比で10%落ち込んだ。




02年通期 純損失:▲13億ドル
03年通期 純損失:▲2億7,400万ドル
04年通期 純利益:9,100万ドル (Athlon64発売)
05年通期 純利益:1億6,500万ドル (Athlon64X2発売)
06年通期 純損失:▲1億6,600万ドル (ATIの買収費用&メモリ事業の離脱により損失 従来のAMD事業のみでは黒字) Core2発売
07年通期 純損失:▲33億7,900万ドル (Phenom発売)
08年通期 純損失:▲30億9,800万ドル
09年通期 純利益:3億400万ドル (PhenomⅡ発売 製造をGFに移行)
10年通期 純利益:4億7100万ドル
11年通期 純利益:4億9100万ドル (Bulldozer登場)


09年 (PhenomⅡ&AthlonⅡ発売 製造をGFに移行)
第1四半期 純損失:▲4億1,600万ドル
第2四半期 純損失:▲3億3,000万ドル
第3四半期 純損失:▲1億2,800万ドル
第4四半期 純利益:11億7,800万ドル ※和解金を引いた場合 損失:▲7,200万ドル

10年
第1四半期 純利益:2億5,700万ドル
第2四半期 純利益:8,300万ドル
第3四半期 純損失:▲1億1,800万ドル ※GFの持ち分法投資損益 ▲1億8600万ドル
第4四半期 純利益:3億7,500万ドル

11年
第1四半期 純利益:5億1,000万ドル ※GFの株式の評価益を含む
第2四半期 純利益:6,100万ドル
第3四半期 純利益:9,700万ドル
第4四半期 純損失:▲1億7,700万ドル ※GFへの投資&リストラ費用


2009年
第1四半期 売上高:11億8000万ドル 純損失:4億1600万ドル(1株あたり66セント)
第2四半期 売上高:11億8000万ドル 純損失:3億3000万ドル(1株あたり49セント)
第3四半期 売上高:14億ドル 純損失:1億2800万ドル(1株あたり18セント)
第4四半期 売上高:16億4600万ドル 純利益:11億7800万ドル(1株あたり1.52ドル) ※和解金を引いた場合 損失:7200万ドル
通期 売上高:54億300万ドル 純利益:3億400万ドル

2010年
第1四半期 売上高:15億7000万ドル 純利益:2億5700万ドル(1株あたり35セント)
第2四半期 売上高:16億5000万ドル 純利益:8300万ドル(1株あたり11セント)
第3四半期 売上高:16億2000万ドル 純損失:1億1800万ドル(1株あたり17セント) ※GFの持ち分法投資損益 ▲1億8600万ドル
第4四半期 売上高:16億5000万ドル 純利益:3億7500万ドル(1株あたり50セント)
通期 売上高:64億9000万ドル 純利益:4億7100万ドル

2011年
第1四半期 売上高:16億1000万ドル 純利益:5億1000万ドル(1株あたり68セント) ※GFの株式の評価益を含む
第2四半期 売上高:15億7000万ドル 純利益:6100万ドル(1株あたり9セント)
第3四半期 売上高:16億9000万ドル 純利益:9700万ドル(1株あたり13セント)
第4四半期 売上高:16億9000万ドル 純損失:1億7700万ドル(1株あたり24セント) ※GFへの投資&リストラ費用
通期 売上高:65億7000万ドル 純利益:4億9100万ドル


AMD公式
http://www.amd.com/us/press-releases/Pages/press-release-2012jan24.aspx
・通期でFusion APUは3000万ユニットを出荷
・BulldozerのOpteron6200/4200(Interlagos)が好調 2桁成長
・GPUの売上高は減少 ASPは向上
・主に第4四半期は家庭用ゲーム機が非常に好調なのと、モバイル向けが減少したのが要因

ということで、第4四半期では赤字。通期では横ばいになりました
Fusion APUとOpteronが好調なようなので、あとはデスクトップ向けが…
これはしばらく時間が掛かりそうですね
関連記事
[ 2012/01/25 15:56 ] AMD その他 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/107-3d2e9308


まとめtyaiました【AMD、2011年第4四半期&通期決算を発表】

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120125_507157.html米AMDは24日(現地時間)、2011年第4四半期および通期決算を発表した。第4四半期の売上高は16億9,000万ドル、
[2012/05/13 17:47] URL まとめwoネタ速neo








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。