パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Radeon HD 7900に採用されると噂されるXDR2とは?

渦巻く“Tahiti”とXDR2の噂―Radeon HD 7900はXDR2・GDDR5両対応

9月ごろよりAMDが次世代ハイエンドGPU―Radeon HD 7900となる“Tahiti”で
RambusのXDR2メモリを使うのではないかという話がささやかれていた。
ただ、当時はあまりにも現実味がなく、XDR2搭載の話に対する大方の反応は冷ややかだった。
今回、中国語のWebサイトがAMDのハイエンドGPUのXDR2採用に関する新たな話を掲載した。
 
AMDは2006年にRambusに特許ライセンス料を支払うことで抗争を避け、
以来AMDとRambusは良好な関係を築いている。
今回の話でもそれに言及し、その上で次のハイエンドGPU―“Tahiti”でXDR2を搭載すると述べているが、
今までと違うのは“Tahiti”はGDDR5とXDR2の両対応であると述べていることである。
つまり上位モデルではXDR2が搭載され、下位モデルではGDDR5が搭載されると今回の情報は述べている。


“Tahiti”のXDR2搭載話は少し前からくすぶっていましたが、
今回の話はXDR2とGDDR5の両対応となると述べている点で今までの話とは一線を画しています。
メモリコントローラが(XDR2・GDDR5の両対応に)対応できるのかなの疑問はあるものの、
XDR2のみを採用するというよりは現実味がある印象を受けます。
メモリコントローラに関してもMyDrivers.comでは
RambusがXDR2とGDDR5両対応のものを開発していると述べています。
XDR2の(GDDR5に対する)メリットとしては帯域幅が広いこと(GDDR5の約2倍)、
低消費電力であること(GDDR5から30%減)が挙げられています。

NVIDIAに関してはXDR2使用のパテントを持っていないため、
“Kepler”世代でXDR2が採用されることはないだろうと最後の段落に書かれています


GDDR5はRadeonが先駆けて搭載しましたが、XDR2もそうなるんでしょうか。

2GbitのGDDR5で最高7Gbpsとのことですが、
XDR2の場合、20Gbpsと12.8Gbpsと説明されてます
Rambus、最大20Gbpsのメモリ向けデータ転送技術を説明

何故、2種類なのかと言うと伝送方式が2種類設けられている為です。
(XDR/XDR2のDifferential  DDR3/GDDRで使われてるSingle Ended)
Rambusが公開した新インタフェースでは両対応の為、
仮にHD7000シリーズで採用されるなら新インタフェースを使ったこのメモリコントローラになるんでしょう。
実際、このメモリコントローラのライセンスは提供可能とのことですし
また、GDDR5とXDR2でピン数が変わらないので、
HD7000シリーズで採用される噂が出ても不思議ではないのかもしれませんね。
関連記事
[ 2011/11/23 14:07 ] AMD GPU | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/38-0c7dc289










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。