パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WDのHGST買収、条件付きで承認へ & HDDの安定供給は6月か

ウェスタン・デジタルの日立HDD事業買収、条件付きで承認へ
EC、WDのHGST買収を条件付きで承認 / HDDの出荷状況等について

欧州委員会は、11月23日に買収を承認しましたが
3.5インチ型HDD生産プラントを売却することが条件になるそうです
競合がSeagate&Samsungのみと判断した為、価格が上昇する恐れがあるので
製造プラントを売却しなさいということだそうです。
実際、PCで使われるのはWD(HGST)かSeagate(サムスン)しかないので当たり前のことかもしれません。
ちなみに1日だけ早くSeagate&Samsungの合併があった為にこのような事態になったとのこと。

The AMD's Cafeによると、

タイの洪水によるHDD出荷数の影響に関しては、WD、Seagate、HGST、東芝はQ3の1億6200万ユニットから、
Q4には1億300万ユニットへ減るとのこと
WDが最もひどく5800万ユニットから2200~2600万ユニットへ、HGSTは3200万ユニットから2000万ユニットへ、東芝は2200万ユニットから1200万ユニットへ減るとのこと
各方面から様々な数字が出ていますが、この数字を見ると影響はかなり大きいですねぇ

HPのCEOは、HDD出荷がいつ回復するのか分からないとのこと
2012年前半中続くとも予想されており、長引く可能性がありますね
店頭価格は落ち着いていますが、前の水準まで戻るには時間がかかりそうですね


とのことで、以前から言われてたようにWDの被害が一番大きいようです。

タイ洪水被害は、PC市場にどんな影響を及ぼすのか

世界のHDD市場において約3割のシェアを持つWestern Digitalでは、同社生産量のうち、
約6割がタイの生産拠点で生産されており、この拠点が水没し、生産が停止。市場全体に懸念が広がっている。

だが、それ以上に深刻なのが、HDD用モーターにおいて、全世界で約75%のシェアを持つ日本電産において、
タイの生産拠点が冠水していることだろう。

HDDの供給不足は、当然のことながら、PCの生産にも影響を及ぼすことになる。

調査会社である米IDCは、2011年上期におけるHDDの生産量のうち、
40~45%がタイで生産されていたことを示したが、12月までのPCの生産に関しては、
すでに調達が完了しており、PC市場への影響は10%程度に収まるとの見通しを打ち出した。

だが、2012年第1四半期まではHDDが品不足に陥ることが明確であるとし、
同第1四半期のPC出荷台数は、予測に比べて20%以上減少すると見ている。
HDDの供給が回復し、価格が安定するのは2012年6月までかかると予測しており、
とくに規模の小さなベンダーへの供給の遅れや、低価格製品への搭載に遅れが生じると分析している。
結果として、大手PCメーカーのシェアが上昇するという見通しも立てている。


一部を引用しましたが、こちらでもやはりWDで影響が大きいとのことですね。
と、同時にHDDにつかわれるモーターも影響を受けているそうです
安定供給になるのは6月と言われてますので、長い期間、不安定な供給&価格になるんでしょうかね
関連記事
[ 2011/11/25 08:33 ] 業界動向 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/41-49e62cbd










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。