パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TSMCの28nmは供給量が少ない?! 改善には半年の見通し

TSMCの28nm製造プロセスは当初の供給が非常にタイトに - 台湾報道

台湾Digitimesの11月25日(現地時間)の報道によれば、
今年末より製造出荷が開始される予定の台湾TSMCの28nm製造プロセスについて、
当初は出荷状況が非常にタイトになることが見込まれるという。
こうした状況の改善にはまだ半年ほど時間がかかりそうだ。

Digitimesが関係筋の情報として伝えることによれば、
2011年第4四半期における売上全体の2%が28nm製造プロセスの製品が占めることになるという。
これが2012年には10%にまで拡大する見込みで、半導体業界が全体に停滞傾向にあるなか、
高まる最新プロセスの需要に応えていくことになる。
28nmにおけるウェハの製造枚数は2011年末時点で月産2万で、
これが2012年にはFab 15の稼働により月産10万枚ペースまで増加することになる。

なお、TSMCの28nm製造プロセスの顧客は現在Altera、AMD、NVIDIA、Qualcomm、Xilinxの名前が挙がっており、
このほかBroadcom、LSI Logic、STMicroelectronicsなどが含まれている可能性があるという。
PC向けでは最新のGPU製品が、携帯市場向けでは2012年に登場するSoCの多くで
28nm製造プロセスの採用が見込まれており、
製品のタイトな供給状況は2012年前半の製品計画に大きな影響を及ぼすことになるだろう


現在は月産2万、来年に稼動予定のFab15により月産10万まで増加するそうですが
顧客は当たり前ですがAMD、NVIDIAだけではないので供給量は足りない感じでしょうか。
特にFab15が稼動するまでは厳しい状況が続きそうです。

年内や来年初頭にRadeonやGeForceを出せたとしても
果たして需要に供給が追いつくのかな?って疑問も。。
ラインナップが揃ってくるであろうQ2までには改善して欲しいですね
関連記事
[ 2011/11/25 20:22 ] 業界動向 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/43-273a2392










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。