パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HDDの供給不足はまだ続く? 2011Q4の不足量は35%に上る見込み

http://news.mynavi.jp/news/2011/11/28/045/index.html

台湾Digitimesの11月28日(現地時間)の報道によれば、
PCサプライチェーンを構成するメーカーらへの調査で、
2011年第4四半期における世界のHDD供給台数は1億1000万-1億3000万台程度に留まり、
1億8000万台の需要に対して35%程度の不足が見込まれるという。
タイでの洪水によるHDD工場操業停止問題で、多くは来年2012年第2四半期までの影響を見込んでいるが、
一部PCメーカーでは第1四半期にもある程度状況が改善されると見込んでいるという。

台湾にはPCメーカーや関連製品の組み立て工場が集中しており、世界のHDD需要の多くを担っている地域でもある。
Digitimesによれば、PCメーカーの多くは第1四半期ないしは第2四半期にも
世界的な供給がある程度状況が改善されると見込んでいるということだ。
一方で業界全体ではHDDの製造が元の状態に回復するのに9-24ヶ月程度の期間がかかることが見込まれている。
優先供給が行われるPCメーカーも例外ではなく、2012年いっぱいはHDDコストの上昇に注視しなければならい状況が続くという。
すでにAcerは12月の出荷分でノートPC製品の2-3%程度の値上げに踏み切っており、他のメーカーもそれに続く見込みだという



SeagateのHDD生産、2012年第1四半期にも予想を上回るレベルで回復か

今後数四半期は業界全体で洪水による影響が続く見込みで、
2011年第4四半期の総HDD出荷台数は1億1000万-1億2000万程度に落ち込むことになると予測している。
これは先日台湾Digitimesが報じたPCメーカーらの1億1000万-1億3000万の水準
という予測とほぼ一致しており、すなわち3-4割ほど需要に対して供給が不足していることを示している。

Seagateによれば、同社会計年度で2012年第2四半期(2011年10-12月期)の出荷台数は4300万台になる見込みだという。
また同四半期の売上は28億ドルを見込み、さらに同年度第3四半期(2012年1-3月期)には37億5000万ドルの大幅回復を見込んでいるようだ。



Seagateにも影響は出てるようですが、比較的早い段階で回復するとの見込みだそうです
一方で元の状態に戻るにはまだ時間が掛かるようで、最短で9ヶ月と言われてますね
記事で書いてませんが、WDは逆に影響が大きいということでしょうか。
元の価格に戻るには長い時間が掛かるかもしれませんね
関連記事
[ 2011/11/30 12:51 ] PCパーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/50-10c914a3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。