パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AMDのx86 CPUと28nm APUの話題

http://blog.livedoor.jp/amd646464/archives/52235416.html

ZDNetのインタビューによると、サーバー市場はAMDにとって非常に重要とのこと
成功すべくサーバー向けCPUに多く投資しているそうです
ミッションクリティカルアプリケーションや、大きな問題を解決するために、よりロバスト性が高く、
信頼性の高いシステムが必要となるとのこと

サーバー向けCPUはデスクトップやノート向けと比べると利益率が高い製品となりますので、
再びここに注力していくのでしょうか


http://blog.livedoor.jp/amd646464/archives/52235486.html

AMDはIntelとの競争を諦めるとの話がありましたが、
x86を諦めたわけでなく、まだ専念しているとのこと
しかし、焦点を当てていくのは省電力や、新興市場、クラウドとなるそうで、
今までのようなコンシュマー向けデスクトップ・ノートからは少し変わってきそうです

まず、サーバー向けですがASPが高く二桁成長してるとのこと。
しかし、シェアで言うと下落しているのでそれを何とかしたいそうです。
その為に今後はOpteronで配慮する点として総所有コスト(TCO)を含むように変更されたと言われてますね

x86 CPUですが、こちらは省電力・新興市場・クラウドに向けて
幅広く製品を提供するとのことです。
現状のx86 CPUは複雑になりトランジスタ数、高クロックが必要になっているとも書いてありますね


http://eetimes.jp/ee/articles/1112/01/news056.html
次は28nm APUについて
要約すると
歩留まり・生産量の低さ・製造コストが高いとGFに問題がある
 ↓
Wichita & Krishnaをキャンセル
 ↓
28nm APUはTSMC製造に切り替え。それに伴いロードマップ変更
と言う流れみたいですね
AMDとGFの契約では有効な32nmのみGFに代金を支払うようになっており、
その契約が年内に終わり、来年からはダイの品質に関係なく全てのウエハに代金が発生するようになるとのこと。

AMDはBrazosでも行けると考えており、Q3の出荷量が2000万個を超えるほど順調とのこと。
Trinityも楽観的に見ているということなんですが、ワットパフォーマンスが悪いのではないか
と言う声もあるそうで、その辺がTDP65W優先の一因なのかもしれませんね。
関連記事
[ 2011/12/01 20:27 ] AMD CPU | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/55-2c5a6136










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。