パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

IvyBridgeが4コアな理由を更に考察してみる

IvyBridgeが4コアな理由

IvyBridgeが4コアな理由について考察されています

一つには、現行のSandyBridge-Eが6コアとなっているため、IvyBridgeで6コアを出してしまうと、
SandyBridge vs Nehalemや、Bloomfield vs Lynnfiedの状況を再現してしまうという説明がされています
高価なSandyBridge-Eが売れなくなるというマーケティング上の理由ですね

もう一つにはCPUにGPU等の機能が統合されてきているため、CPU以外の部分にダイを割くためとのこと
また、実用的な面でも、コンシュマー向けアプリだと
まだ6コアが生かせるアプリが少ないということも挙げられていますね


他に記載されていた点としてダイサイズを約25%減らして
162平方mmになるのではないかと言われてますね
また、AMDのBulldozerでは本当の勝負にはならない為、TDPを削減したことは間違ってないとも。



ここからは独自で
Ivybridgeは22nm、TDP削減、GPUの強化が主なポイントですがCPUのコア数は増やしません。
更に次のHaswellでも省電力が主なポイントとなっておりIvyと変わってません

では、何故コア数を増やさないのか?
まずコア数が増えてもあまりメリットがないと言うのはAnandTechと同じですね。
一方で、コア数を増やして6コアにした場合、ダイの種類が増えるので6コアを出さないのではないかと思います。
Sandybridgeで例を上げればハイエンドの8コアSandy-E、ミドルレンジの4コアSandy、ローエンドの2コアSandy
と3種類のダイを用意しています
仮に6コアの一般向けダイを用意すると、4コアのダイを更に横長にするしかないように思えます。
ハイエンドの8コアを流用する方法もありますが、その場合は新たにGPUの追加や
QPI、PCI-E、メモコンを一般向けに変える必要も出てくるのではないかと。

ですが、一番大きいのはダイサイズの問題があるのではないかと思います。
ダイサイズが大きすぎても駄目ですし、小さすぎても駄目なので
ある程度のダイサイズに留めておくのが得策です。
その為にGPU強化などでダイサイズが小さくなりすぎないようにしているんではないかと。

・Sandybridge-E(8コア) 435平方mm 22億トランジスタ
・Sandybridge(4コア) 216平方mm 11億トランジスタ
・Sandybridge(2コア L3キャッシュ:6MB) 149平方mm
・Sandybridge(2コア L3キャッシュ:3MB) 131平方mm
・Ivybridge(4コア) 推定162平方mm 14億トランジスタ
・Haswell(4コア) 推定190平方mm

となってます。Ivy、Haswellは推定ですが。
AnandTechではSandyからIvyで25%ほどダイサイズを減らすだろうと推定してるので、
それをHaswellから14nmのRockwellに置き換えると
22nm Haswell(4コア)推定190平方mm→14nm Rockwell(4コア)約142平方mm
となります。
もしRockwellの4コアで130~150平方mmほどになるとしたら、
それはSandybridgeの2コアとほぼ同サイズになります。
実際はこんなにピタリと同じサイズになるとは思いませんが、
かなりダイサイズは小さくなるのは間違いないと思います。


と言うわけで、個人的な予測ですが
22nmでは6コアにするほどダイサイズが小さくならないのでGPUを強化した。
14nmならミドルレンジを6コアに、ローエンドを4コアに出来るほど余裕ができるので、
一般向けでコア数が増える可能性があるのは14nmのRockwell以降かなと思います


参考記事
デスクトップCPUでは最大級のモンスター「Sandy Bridge-E」
Intel次世代CPU「Ivy Bridge」は“Tick+”
Intelの「Haswell」のダイと省電力技術
関連記事
[ 2011/12/06 11:59 ] Intel CPU | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/62-4ba7b5b6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。