パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

次期GeForceのスペックと登場時期

http://nueda.main.jp/blog/archives/005958.html

NVIDIAの次期ミドルレンジGPUことGK104はGTX 560 Tiに使われているGF114の後継となるもので、
ダイサイズはGF114よりも小さく、12年Q1にリリースされる予定です。

3DCenterに掲載された仕様によると、CUDAコア数(シェーダー数)は640~768で、テクスチャユニットは80~96、メモリインターフェースは256~384bitで、
現行の最速シングルGPUのGTX 580よりもわずかに速いようです。
なお、発表を早めるためにGK104はFermiとKeplerのハイブリッドのようで、真のKeplerはハイエンドのGK100からになるようです。
GK104の競合は同時期に予定されているBartsの後継となるRadeon HD 7800シリーズ(Pitcairn)になります。

●NVIDIAの次期ミドルレンジGPU
◎GK104 :640-768sp、?/?MHz、?MB/?/256~384bit、TMUs80-96、ROPs?
- GTX 560Ti:448sp、732/1464MHz、1280MB/3800MHz/320bit、TMUs56、ROPs40
- GTX 560Ti:384sp、822/1644MHz、1280MB/4008MHz/256bit、TMUs64、ROPs32

フラッグシップのGK100は12年のQ2に予定されており、1024のCUDAコア数(シェーダー数)、128のテクスチャユニット、64のROPと
GTX 580を大きく上回るスペックになっており、GTX 590に近いパフォーマンスになるようです。

●NVIDIAの次期 ハイエンドGPU
◎GK100 :1024sp、?(?)MHz、2GB?/?/512bit、TMUs128、ROPs64
- GTX 580:512sp、772/1544MHz、1.5GB/4008MHz/384bit、TMUs64、ROPs48
- GTX 480:480sp、700/1401MHz、1.5GB/3696MHz/384bit、TMUs60、ROPs48

GeForce GTX 580は10年11月に発売されて1年以上経っていますから、GK100を待っているユーザーも多そうですね


560Tiが2つあるのはGF110版とGF114版の2種類
ミドルレンジのGK104はGF114よりダイサイズが小さいのに性能はGTX580以上ってのが凄いですね
SP数は少し増えてますがGTX580ほどではないので、やはり単精度演算を強化したんでしょうかね。
FermiとKeplerのハイブリッドというのも興味深いです。キャッシュとか・・・かな?
CUDAコアなどは変更したけどキャッシュは増やさなかったとかでしょうかね。

ハイエンドのGK100は少し遅れてQ2になりますが、こちらはKeplerで登場するそうです。
SP数の倍増、TMUsやROPsの増加とこちらは順当に性能が上がってる印象ですね
関連記事
[ 2011/12/14 16:56 ] NVIDIA GPU | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/78-17922192










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。