パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

64bit版のOperaが公開中 一方でFireFoxは32bitでは最適化出来なくなる?

http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20111216_499429.html

Opera Software ASAは15日、最新技術を紹介する同社のWebサイト
“Labs - Dev.Opera(Opera Labs)”にて、Webブラウザー「Opera」の64bit版を公開した。
バージョンは12.00 alphaで、標準で日本語での利用が可能となっている。

また、同サイトでは上記64bit版とともに各OS向けの「Opera」が公開されており、
「Opera」で利用しているプラグインがクラッシュした際に、
「Opera」自身を巻き込まないようにする新しい仕組み“Out-of-process plug-ins”が導入されている。


http://it.slashdot.jp/story/11/12/16/027230/

最近活発なリリースが行われている Firefox であるが、
バイナリのサイズが大きくなりすぎたため、32 ビット Windows では
リンク時のガイド付き最適化 (PGO) がメモリ不足で実行できなくなっているそうだ

32 ビット版 Windows は最大 3 GB までしかメモリを利用できないが、
PGO ではこれ以上のメモリが必要になってしまったそうだ。
いまのところは inbound ブランチだけの問題で「64 ビット版 Windows でビルドする」などいくつかの解決策が提案されている。


Opera最強伝説の方は遂に64bit版が公開されましたね。
α版なので常用するのは厳しいですが。

一方でFireFoxはあまり嬉しくない話題が。
Chromeはすでに64Bit版 Windowsでビルドしてるそうなので問題ないそうなのですが
FireFoxはどうなるんでしょうかね。
関連記事
[ 2011/12/16 20:00 ] ソフト・OS | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/86-2c8d64bf










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。