パソコン工房
パソコン工房ビジュアライズノート
パソコン工房










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年はIntelとAMDの競争が激化

http://eetimes.jp/ee/articles/1112/27/news034.html

Llanoの供給不足が解消される可能性
Llanoが市場に十分出回るようになれば、AMDとIntelの競争は今よりも激しくなるだろう
同じ価格帯でx86系プロセッサの性能を求めるとすれば、
LlanoよりもIntelの『Sandy Bridge』を選ぶユーザーが多いかもしれない」と述べる。
ただし、同氏によると、「グラフィックスに関してはAMDが勝っている」
「Ivy Bridgeのリリースは、2012年第1四半期の後半以降になるとみられる。
同製品の発売が延期されている理由については、22nmプロセス技術を適用できる準備がまだ整っていないためなのか、
それとも、PCI Express Gen3やUSB 3.0に対応する必要があるためなのかは分からない」と説明した。

AMDのTrinityに関しては、「設計は、ほぼ完成しているという見方が強い。
AMDは2012年初頭には、Trinityの製造に向けてウエハーの生産体制に入る予定だ」(Brookwood氏)という。
同氏は、「TrinityとIvy Bridgeは、2012年のほぼ同時期に発売される」と見込んでいる。

いずれにしても、AMD対Intelという構図が2012年も続くことは、おそらく間違いないだろう。



というわけで、要するにAシリーズが十分に出荷出来れば競争が激しくなるってことですね
来年のCPUは内蔵GPU性能がカギになったらいいなぁと思います
関連記事
[ 2011/12/28 21:39 ] 業界動向 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcniigata.blog.fc2.com/tb.php/98-8c144122










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。